早朝講演会運営委員会

毎月1回8:00より朝食を頂きながら講師による講演会を行っています。講師には、政財界で活躍されている著名人の方にお越しいただき、参加者の経営やビジネススキルの向上等に役立つ情報の発信を目的に、様々な業種の参加者同士が意見交換をできる場を提供しています。
早朝講演会
早朝講演会
早朝講演会

  • 【1/11終了】第435回新年朝粥会の案内 ”一念発起のいい日一年”
      掲載日:2017/11/05

    【講師】大阪天満宮 宮司  寺井 種伯 氏
    【テーマ】「新年ご祈祷と朝粥の集い」

    当倶楽部の新春恒例の行事です。
    清々しく天満宮の本殿でご祈祷を受け、新年への新たな誓いをたてた後、天満宮会館にて年始の挨拶も早々に小豆粥を頂戴します。
    また、寺井宮司様からは新年の福を授かるご講話を賜ります。
    新年を良き途に導く縁起の良い行事です。皆様のご参加をお待ち致しております。

    【日時】2018年1月11日(木) 午前8時00分~9時30分
    ご祈祷:午前8時00分~ (本殿にて)
    朝粥会:午前8時30分~ (天満宮会館にて)
    【場所】大阪天満宮(大阪市北区天神橋2丁目1番8号)
    【会 費】会員 5,000円、ビジタ- 6,000円

    ※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。

    詳細はここをクリックしてご覧下さい。(フェイスブックページへジャンプします)

    どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。→ここをクリックしてください

     
  • 【12/19終了】第434回早朝会(学)谷岡学園理事長 谷岡一郎氏『カジノが合法化すれば社会はどう変わるのか?』
      掲載日:2017/11/05

    関西の行政や経済団体では、盛んにカジノ招致の是非をめぐって議論されています。ギャンブルとして、道徳的に受け入れるのか、他の公営ギャンブルとの関係、更に、乱立するアジアのカジノの中で、日本に外国から富裕層を呼び込めるのか等、多くの方が関心を持って見ています。
    カジノが合法化されれば、観光客の更なる増加が見込め、ホテルや飲食関係の店などの需要も生まれ、さらには雇用も創出し、地域全体が潤うと考えられます。
    合法化されていない現状を一番喜んでいるのは、反社会勢力等の闇社会であり、数千軒あるといわれている違法カジノで莫大な額が動いていると言われています。1920年のアメリカの禁酒法の例のようにマフィアの台頭を許してしまったことは歴史が証明しており、同じような状況が今現在の日本では生み出されています。日本国内には、パチンコ、競馬など既存のギャンブル依存症の疑いのある人が約320万人もいると言われている中で、なんら体系的な対策がとられていないのが現状です。海外では収益の1%以上をギャンブル依存症患者の治療もしくは研究に使うと法にも明記されており、いまこそギャンブルがもたらす陰の部分を見て見ぬふりをするのではなく、総合的な対策を考えるときと考えられます。カジノの合法化は以上の例に留まらず、様々な面で社会に影響を与えることが予想されます。
    今回はカジノに関する第一人者である講師に、カジノ合法化による社会の変化についてご講演頂きます。

    【日時】2017年12月19日(火) 午前8時00分~9時30分

    朝食:午前8時00分~
    講演:午前8時30分~9時30分
    【場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
    【会 費】会員 5,000円、ビジタ- 6,000円

    詳細はここをクリックしてご覧下さい。(フェイスブックページへジャンプします)

    どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。→ここをクリックしてください
    ※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。

     
  • 【11/14終了】第433回早朝会 東洋紡㈱会長 坂元龍三 氏『東洋紡の構造改革の歴史と教訓』
      掲載日:2017/10/20

    1882年、明治の実業家、渋沢栄一氏の尽力によって、その源流である大阪紡績会社が日本初の民営会社組織による大規模紡績業として発足して以来、産業近代化の一翼を担ってきた東洋紡績株式会社。それから136年、東洋紡の基本理念となった『順理則裕』の精神のもと、その事業は時代とともに繊維で培った技術を基盤として、フィルム、自動車用資材、バイオ・医薬などを手がける高機能製品メーカーとして成長を続けています。今では非繊維分野が売上の70%を占めるまでになっています。
    『順理則裕』とは、「私利私欲でなく、道理を第一に考え、道理に生きることが、すなわち繁栄につながり豊かな結果がもたらされる」という意味を持ち、倫理と利益との両立で経済を発展させるという渋沢の精神が今も東洋紡株式会社には受け継がれています。
    社長時代から技術のない分野には進出しない「技術ストック経営」をキーワードに時代をリードされてきた現会長である坂元龍三氏は、祖業である衣料繊維からの脱却を進める一方、繊維で培った技術をもとに工業用フィルムや医薬品など成長分野を強化されました。また、2012年10月には商号を東洋紡績から東洋紡に変更し、脱繊維路線を明確化されました。
    『順理則裕』の理念を守り、冷静に市場を分析することで東洋紡株式会社の持続的成長を牽引してきた講師に、成長の秘訣とも言える構造改革の歴史と教訓をご講演頂きます。

    【日時】2017年11月14日(火) 午前8時00分~9時30分

    朝食:午前8時00分~
    講演:午前8時30分~9時30分
    【場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
    【会 費】会員 5,000円、ビジタ- 6,000円

    詳細はここをクリックしてご覧下さい。(フェイスブックページへジャンプします)

    ※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。

     

     

     

     

     

     
  • 活動報告-早朝講演会運営委員会
      掲載日:2016/11/01

    早朝講演会運営委員会の活動内容を掲載致します。

     
PageTop