【7/7開催】一般社団法人夢洲新産業・都市創造機構 代表理事 井垣貴子氏【第471回早朝講演会】

【7/7開催】一般社団法人夢洲新産業・都市創造機構 代表理事 井垣貴子氏【第471回早朝講演会】

【講 師】一般社団法人夢洲新産業・都市創造機構 代表理事 井垣貴子氏
【テーマ】『大阪・関西の持続可能な成長と未来社会への期待~2025大阪・関西万博に向けて』
【開催日時】2021年7月7日(水) 講演:午前7時30分~9時00分(時間厳守) ※早朝会の食事時間が早くなりました。
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円  2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円
朝食:午前7時30分~8時00分 朝食の必要な方は、1,000円でご用意いたします。
※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はZOOM(有料)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。
どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

【内 容】2025年に「いのち輝く未来社会」をテーマに開催される「大阪・関西万博」をはじめ、大阪府・市が事業者選定を進めているIR は、新たな
イノベーションが創出される好機であり、大阪・関西の経済成長の起爆剤と期待されています。
夢洲新産業・都市創造機構が、新産業と都市創造の産学公共創オープンイノベーションプラットフォームとして、「大阪・関西万博」を活用し、大阪・関西の持続可能な経済成長、産業振興、豊かな未来社会づくりを目指し、どのような活動をしているのか、その前提として「大阪・関西万博の基本計画や現状」「万博が持つ企業にとっての二つのメリット(短期と中長期)等についてもお話ししていただきます。

新型コロナウイルス感染症の状況並びに行政の方針により、内容の変更・中止の場合もあることご了承ください。

 

延期【6/22開催】駐大阪・神戸米国総領事館 総領事 リチャード・メイ・ジュニア氏【第471回早朝講演会】

【講 師】駐大阪・神戸米国総領事館 総領事 リチャード・メイ・ジュニア氏
【テーマ】『 日米関係 ― 私と日本の40年 』
【開催日時】2021年6月22日(火) 講演:午前7時30分~9時00分(時間厳守) ※早朝会の食事時間が早くなりました。
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円  2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円
朝 食:午前7時30分~8時00分  朝食の必要な方は、1,000円でご用意いたします。

※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はZOOM(有料)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。

どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

【内 容】日米両国を取り巻く政治経済環境は変化するとともに、多国間との調整において複雑化しつつあり、継続的かつ長期的な対応が求められています。メイ総領事は新型コロナウイルスの影響で低迷している経済について、日米関係は人と人との繋がりという、揺るぎない基盤の上にあり続けており、現在の状況が落ち着けば、これまでにない強固な日米の友好関係を築いていきたいと述べられています。また大阪については「はっきりとものを言うところが、(出身地の)ニューヨークと似ていて故郷にいるようだ」と親日派ぶりを披露されています。昨年9月に新総領事として着任され、米国と日本の架け橋としての役割を担ってゆかれることで、安全保障、科学、文化、経済、商業のそれぞれの分野で日米関係の更なる発展が望まれます。
アジア太平洋地域を中心とした大阪関西における日米の経済・貿易及び投資関係の現状と、グローバルな国際社会における日米二国間の役割などご講演いただきます。是非ご参加ください。

新型コロナウイルス感染症の状況並びに行政の方針により、内容の変更・中止の場合もあることご了承ください。

延期【5/12開催】一般社団法人夢洲新産業・都市創造機構 代表理事 井垣貴子 氏【第471回早朝講演会】

【講 師】一般社団法人夢洲新産業・都市創造機構 代表理事 井垣貴子氏
【テーマ】『大阪・関西万博から未来創造を共に歩む』(仮)
【開催日時】2021年5月12日(水) 講 演:午前7時30分~9時00分 (時間厳守) ※早朝会の食事時間が早くなりました。
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円  2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円
朝 食:午前7時30分~8時00分  朝食の必要な方は、1,000円でご用意いたします。
※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はZOOM(有料)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。
どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

【内 容】 今回の講演は、「大阪・関西万博」が開催される夢洲の地において、「万博・成長型IR・夢洲まちづくり」がシナジーを発揮するため、
150以上の産学公が共創し、IR産業、観光文化産業、健康医療産業等多様な連携による新サービス、新事業、新技術等を創出し、万博のレガシーを活かす未来都市の創造を目指すために、設立された機構より、代表理事を務められている、井垣貴子氏をご召喚し、万博後も成長型IRが核となり、世界の人々を魅了するイノベーションリゾートとして持続可能な大阪・関西及び我が国の経済・社会の進歩と繁栄についてご講演頂きます。機構の事業の一つとして産学公共創による新技術や新サービスの実証、実装、事業化の支援万博・成長型IR・夢洲まちづくりに関わる関係者や国、自治体、経済団体等との連携、協力機構を通して、夢洲まちづくりに関わるステークホルダーに対し、個社では困難な提言・提案、情報交換を行っておられます。是非、2025年に向けた取り組みをお聴きになり、共創して参りましょう。ご参加お待ちしております。

新型コロナウイルス感染症の状況並びに行政の方針により、内容の変更・中止の場合もあることご了承ください。

 

【4/9終了】株式会社パソナグループ 代表取締役グループ代表 南部靖之氏【第470回早朝講演会】

【講 師】 株式会社パソナグループ  代表取締役グループ代表 南部靖之氏
【テーマ】『淡路島での新しい生き方、働き方~ライフ&ワーク~』
【開催日時】2021年4月9日(金) 講 演:午前7時30分~9時00分 (時間厳守)※早朝会の食事時間が早くなりました。
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円、2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円
朝 食:午前7時30分~8時00分  朝食の必要な方は、1,000円でご用意いたします。
※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はZOOM(有料)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。
どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

【内 容】 株式会社パソナグループは、人材派遣大手のパソナを中心に国内・海外約50社で人材ビジネスを展開しているが、昨年9月、働く人々の真に豊かな生き方・働き方の実現と、グループ全体のBCP(事業継続計画)対策の一環として、兵庫・淡路島へ本社機能の一部を移転すると発表され、以前から東京の本社機能を分散しなければ会社を持続できないと感じていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け緊急事態宣言が発令され、通常業務の継続が困難になることを目の当たりにして大きな決断に至り、本社で勤務する社員の4分の1に当たる約1200人が、2024年5月末までに移転する計画をしている。
業務についてはリモートワークを導入する方法もありますが、社員が顔をそろえて働くことで仲間意識が芽生え、会社の発展につながるのではないかとの思いもあったということです。移転に際し淡路市に2階建ての新社屋を建設し、地元の方にも利用してもらえる飲食スペースやホールを併設する予定で、島外に出た若者が淡路島に戻って働き、またコロナ禍で暮らし向きが苦しい方々にも働く場を提供したいという。
東京一極集中に伴うリスクの分散等企業の課題解決と、淡路島における新産業の創造や雇用創出、地域活性化にもつなげたいという熱い思いをあらたに、
ビジネスチャンス拡大を目指すパソナグループ代表の南部靖之氏に、会社も社員も幸せになる新しい働き方についてお話しいただきます。

新型コロナウイルス感染症の状況並びに行政の方針により、内容の変更・中止の場合もあることご了承ください。

【3/18終了】プライミクス株式会社 取締役会長 古市尚 氏【第469回早朝講演会】

【講 師】プライミクス株式会社  取締役会長 古市尚 氏
【テーマ】『プライミクス流ブランド戦略~本社移転がもたらしたもの~』
【開催日時】2021年3月18日(木) 講 演:午前7時30分~9時00分 (時間厳守) ※早朝会の食事時間が早くなりました。
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円、2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円
朝 食:午前7時30分~8時00分  朝食の必要な方は、1,000円でご用意いたします。

※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はZOOM(有料)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。
どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

【内 容】 混ぜる機械、撹拌(かくはん)機を作る会社、プライミクスのシェアは国内トップクラス。祖父が大阪で1949年に創業し、化粧品や食品業界などで用途を広げ、1995年には新たな高速撹拌機を開発、ところが技術にこだわるあまり、技術をどう使えばいいか企業側に提案出来なかったと言います。そんな中、会社を継ぐため社長に就任したのが古市さん。前職は食のコンサルタント。その技術力に加え、顧客のニーズに合わせた活用方法を提案することにより、その後、リチウムイオン電池の材料を撹拌することに商機を見いだし、技術者をヘッドハンティングし、専門チームを立ち上げ業績を大きく伸ばしました。
そして6年前、広大な土地が確保出来る淡路島に社屋を移転し、海が一望出来るオフィスを作り職場環境も一新しました。今、職場や食堂の席はくじ引きを行い部署が違う社員たちの交流を促し、活動費用を会社が負担して、会社から徒歩3分のところに大浴場やゴルフ場、ビリヤード場、カラオケルームなどを完備した社員寮を設置。地産地消の食堂も完備し、社員が心地よく過ごせる工夫を実施しました。すると移転後業績は右肩上がりになり、離職率は大幅に低下、
地元採用者も増えることに。古市さんは肉体的 精神的な疲労を減らしてパフォーマンスを上げることで、益々、会社の創造性を高めています。
是非、古市会長のご講話を拝聴してください。

【2/9終了】株式会社ミキハウス 代表取締役 木村皓一氏【第468回早朝講演会】

【講 師】株式会社ミキハウス  代表取締役  木村皓一 氏
【テーマ】『誇りの持てる企業文化を』
【開催日時】2021年2月9日(火) 講 演:午前7時30分~9時00分 (時間厳守) ※早朝会の食事時間が早くなりました。
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円、2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円
     朝 食:午前7時30分~8時00分  朝食の必要な方は、1,000円でご用意いたします。

※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はZOOM(有料)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。
どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

【内 容】1989年以降ベビー・子供服の市場規模はマーケットの主役である若年人口の減少により目に余るものがあります。販売チャネルも少子化と共に衰退すると考えられ、伸び悩み、様変わりしてきました。しかし、㈱ミキハウスは、子供服市場において、子供達に夢や目標を与えることを意義とし、子育てに関わるすべてのビジネスを手がけ、着実に売上を伸ばされています。創業者である木村社長は、関西大学経済学部在学中からアルバイトをしていた野村證券に、大学を中退しそのまま入社。その後、父親の経営する婦人服縫製会社を経て、1971年に大阪でベビー子供服の製造卸をおこなう「三起産業」を個人創業。1978年三起商行を設立。大阪府八尾の小さな個人商店から、「ミキハウス」という当時としては、珍しい「高級子供服」というジャンルを開拓し、 いまや世界の百貨店の最高峰のひとつとされるロンドン「ハロッズ」に日系アパレル企業として初出店を果されました。また子供に関わる環境すべてを対象に様々な事業を展開されています。2000年にはITで子育て情報を提供する「ミキハウス子育て総研」を設立。さらに柔道・卓球・水泳など多岐にわたる競技でスポーツ選手を長年にわたり支援し、オリンピックに80名を超える選手を輩出し、日本スポーツ界の振興に貢献されています。
今回、木村社長から講演を伺い、企業文化構築の創業者の想い、事業成長に必要な心意気を学び、今後の事業活動に活かすことも可能ではないでしょうか。 今年、創業50年を迎えられ、トップ企業であり続ける経営哲学についてご披露頂きます。

【12/16終了】関西経済同友会 代表幹事 古市健氏 【第466回 早朝講演会】

SKC企振連・船場経済倶楽部第466回早朝講演会の案内です。
【講 師】関西経済同友会 代表幹事 古市 健氏 (日本生命保険相互会社 代表取締役副会長)
【テーマ】『大阪・関西で生まれた日本生命』
【内 容】コロナ禍のなか5月に代表幹事に就任された日本生命保険相互会社では6人目となる古市健氏にご講演頂きます。会見で3つの大きな柱を掲げ、
関西経済活動の再開に向け、牽引するためには、その手法や提言など「メッセージはタイムリー」に関西企業の皆様に届けたいそうです。
また、「コロナ・ショックを乗り越え、万博後も成長し続けるサスティナブル(持続可能)な関西」となるべく関西の強みを生かした戦略を作り上げると述べられました。最後に、人生100年時代の中、近江商人の経営方針「三方よし」に「次世代よし」も加え、日本生命の礎となる創造者弘世助三郎氏の言葉で、高齢化社会であっても活気あふれ、安心できる社会に向けた活動をされたいそうです。これからの社会に向けた、関西経済同友会代表幹事としての抱負など
ご講演頂きます。

【開催日時】2020年12月16日(水)午前7時30分~9時00分 朝食:午前7時30分~8時  講演:午前8時~9時
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円・朝食付き 5,000円、2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円・朝食付き 6,000円

※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はWEB(ZOOM)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。

どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

【11/26終了】大阪信用金庫 理事長 髙井 嘉津義 氏 【第465回早朝講演会】

SKC企振連・船場経済倶楽部第465回早朝講演会の案内です。
【講 師】大阪信用金庫 理事長 髙井 嘉津義 氏
【テーマ】『中小企業と共に100年』 ~感謝と地域貢献~
【内 容】「リーマン・ショック」を超える「コロナ危機」の中、大阪信用金庫 髙井嘉津義理事長は、「中小企業が苦境にあえぐ今だからこそ存在意義が問われている」と言われています。この危機がなければ、まだまだ発展し続けている企業は沢山あったはずで、この状況下の中で、地域金融機関として、支え続けなければならないと使命感を持って邁進しておられます。また、近年、地域の金融機関はネット銀行などに押され、存在感が薄れつつあり、それをリスクと捉え、ある程度覚悟しなければいけないとも言われています。
講演では、中小企業活性化の為、これまでの出前相談はもとより、産官学連携として、大阪府立大学との包括的連携協定に始まり、近年では大阪工業大学との協定も結びパートナーとして、今まで以上に充実した支援を行っておられます。
地方独立行政法人大阪産業技術研究所や大阪府立環境農林水産総合研究所とも連携し、支援メニューの更なる充実を図りながら、今まで以上のCSR活動も充実させ、地元大阪の底上げに取り組んでおられます。創立100年を迎えた大阪信用金庫としての役割について、髙井理事長よりご講演頂きます。

【開催日時】2020年11月26日(木)午前7時30分~9時  朝食:午前7時30分~8時  講演:午前8時~9時
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円・朝食付き 5,000円、2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円・朝食付き 6,000円

※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はWEB(ZOOM)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。

どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

【10/8終了】陸上自衛隊中部方面隊 総監 陸将 野澤 真氏 【第464回早朝講演会】

【講 師】 陸上自衛隊中部方面隊 総監 陸将  野澤 真氏
【テーマ】 『中部方面隊の役割と防衛』(仮)
【内 容】  陸上自衛隊中部方面隊は、東海・北陸・近畿・中国・四国の2府19県(全国土面積の約3割)の防衛・警備、災害派遣などを担当し、特命により国際平和協力活動及び他方面区に対する増援なども行われておられます。所属の隊員数は約2万5千人に達し、エリア内には、方面隊の司令部である中部方面総監部と、37の駐(分)屯地が所在。編成は、近畿を担当する第3師団、東海・北陸を担当する第10師団、中国を担当する第13旅団、四国を担当する第14旅団を基幹とし来年度には、創隊60周年を迎えられます。
総監として着任後早々より、関東での台風被害への派遣、今年に入り、新型コロナウイルス感染症への対応に始まり、令和2年7月豪雨災害への派遣など災害が続く国内での活動を指示されておられます。また、日本を取り巻く安全保障環境は、周辺国による軍事活動の活発化もあり、依然として不透明・不確実な状況もあり、その目を光らせつつおられます。総監は「任務完遂」を統率方針とし、これを成し遂げるため「改善・進歩」と「地域との連携」の2点を隊員への要望としそして、ご自身も先頭に立って「任務完遂」のために全力を尽くすことを約束されておられます。
今回は昨年8月に着任された野澤真陸将に中部方面隊の任務役割についてご講演頂きます。

【開催日時】2020年10月8日(木)午前7時30分~9時  朝食:午前7時30分~  講演:午前8時~9時
【開催場所】 大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円・ 朝食付き 5,000円、2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円・ 朝食付き 6,000円

※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はWEB(ZOOM)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。

どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申込をお願いします。

 

 

【9/10終了】一般社団法人心学明誠舎 理事 宇澤俊記氏【第463回 早朝講演会】

【講 師】一般社団法人心学明誠舎 理事 宇澤俊記氏
【テーマ】 『石田梅岩とその時代とそして現代』
【内 容】今回の早朝講演会は、石門心学の開祖、石田梅岩の経営哲学に触れて頂き、新型コロナウイルス感染症の影響下であっても揺らぐことのない信念を持ち続けたいと思います。石門心学とは江戸時代に石田梅岩(いしだばいがん,1685~1744)が創始した庶民のための生活哲学で、儒教・仏教・神道に基づいた道徳を、独自の形で,そして町人にもわかりやすく日常に実践できる形で説きました。そのため、「町人の哲学」とも呼ばれています。また、「勤勉」「正直」「倹約」の三徳や、「先も立ち、我も立つ」商いを説きましたが、企業の社会的責任・社会との共生・環境保護などの観点から現代的な意味をもあると言われています。
こういった考え・思想は、アフターコロナの経営方針への一考になるのではないでしょうか?温故知新で、不変の経営哲学をお聴きに頂き、さらなる高みを目指してまいりましょう。こういう機会は早々ありませんので、是非ご参加ください。

【開催日時】2020年9月10日(木)午前7時30分~9時00分  朝食:午前7時30分~ 講演:午前8時~9時
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)(地図はこちら
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円・朝食付き 5,000円、2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円・朝食付き 6,000円

※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はWEB(ZOOM)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。

どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。

  • 中小機構
  • 異業種連携協議会
  • ミラサポ
  • 関西経済同友会
  • 大阪起業家スタートアップ
  • 大阪日華親善協会
  • 日本国際連合協議会
  • 近畿大学
  • 船場倶楽部
  • 日本ライトハウス
街のイラスト