【2/8開催】近畿経済産業局 局長 伊吹 英明 氏【第489回早朝講演会】

SKC企振連・船場経済倶楽部第489早朝講演会の案内です。
【講 師】近畿経済産業局 局長  伊吹 英明 氏
【テーマ】『関西経済の現状と大阪・関西万博への期待(仮)』
【内 容】近畿経済産業局では直近の経済動向を緩やかに持ち直しており、先行きについては新型コロナウイルス感染症やウクライナ情勢、原油・原材料価格の高騰、為替の変動が内外経済に与える影響に注視が必要と観測されています。関西は、世界をリードする企業群と大学、研究機関の集積や歴史と伝統に培われた文化などの多彩な地域資源を有する地域です。この魅力溢れる関西を舞台に、2025年には“SDGs万博”とも呼ばれる「大阪・関西万博」の開催も控え、世界の注目が関西に集まることが期待され,このチャンスを着実な飛躍に繋げることが重要です。
その万博以外に、近畿経済産業局として取り組んでいる中小企業支援策として、各種施策の普及・実施を通して中小企業の経営力向上と経営基盤の強化を
サポートし、近畿経済の活性化に取り組んでいます。その政策としては二つの柱があり、一つは、まだコロナ禍から抜け出せない中小企業対策です。リーマンショックと同じく大きなショックを受ける経済危機ですので、この2~3年は支援金や〝ゼロゼロ融資〟等、政府として過去にないほどの対策を講じてきました。更に、多くの中小企業では、危機時に借りた債務の返済開始が予定されています。
もう一つの柱は将来に向けてロングスパンで成長を図るべき分野に重点的に政策資源を投入することです。DXやカーボンニュートラルに加えて関西には、医療やバイオ分野に強い企業、DX関連で電子関係や蓄電池などの分野で優れた研究や産学連携に強みを持っている大学・研究機関も数多くあり、これらの成長分野で伸びてもらうための支援を、講じていくことも重要です。
まだまだ可能性を秘める関西経済の今後の見通しについて伺います。

【開催日時】2023年2月8日(水) 朝食:午前7時30分~8時00分(時間厳守)、講演:午前8時00分~9時00分
【開催場所】大阪第一ホテル(大阪マルビル6F)
【参加費】 会員・初参加の方 講演のみ 4,000円・朝食付き 5,000円、2回目のビジタ- 講演のみ 5,000円・朝食付き 6,000円
※当日のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
※当日はZOOM(有料)での配信も行いますので詳しくは事務局までご連絡下さい。
※当日、会場ではドリンク(コーヒー・紅茶・ソフトドリンク等)のご用意をしております。

どなたでもご参加いただけます。参加希望の方はこちらからお申し込みをお願いします。
新型コロナウイルス感染症の状況並びに行政の方針により、内容の変更・中止の場合もあることご了承ください。

  • 中小機構
  • 異業種連携協議会
  • ミラサポ
  • 関西経済同友会
  • 大阪起業家スタートアップ
  • 大阪日華親善協会
  • 日本国際連合協議会
  • 近畿大学
  • 船場倶楽部
  • 日本ライトハウス
街のイラスト